加齢臭対策には、食生活の見直しや、石鹸(ボディソープ)を使う方法までありますのでご紹介します。

加齢臭対策研究所|加齢臭対策の石鹸で一番効果の高かったものは!

加齢臭による頭皮の臭いの原因と対策について

部分別の対策方法

加齢臭の部分別の対策方法とは

投稿日:

加齢臭による頭皮の臭いの原因と対策について

40代を迎える頃になると、それまでは感じなかった身体の臭いが発生し出すことがあります。その臭いは、加齢臭であることがほとんどです。

それまで嗅いだことのない自分の臭いであれば、加齢臭でほぼ間違いがないでしょう。加齢臭は、おおよそ40歳を迎えた後に突然はじまることが多くなります。

その原因は、ノネナールという芳香成分です。主に臭いが発生する部位は、脇の下や足の裏、口などになりますが、頭皮からも発生することがあります。

加齢臭が気になり始めるとき、頭皮や使用している枕、衣服の襟部分で気付く人が多いようです。それは、これらの部位に臭いを発生するもとになる汗をかく、アポクリン汗腺が集中している場所だからです。

ノネナールは、油臭くて青臭い臭いがする不飽和アルデヒドの一種です。
毛穴にある皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化することにより発生するのです。

若い人でももちろん皮脂腺から脂肪酸は分泌されています。
しかし、若いうちはホルモンの分泌も活発に行われており、このホルモンの働きなよって脂肪酸が酸化することを抑えているのです。

加齢臭対策石鹸の総合ランキングはコチラ<<

>>加齢臭対策に効果的なアイテムの総合ランキングはコチラから!<<

 

頭皮は他の皮膚よりも加齢臭が発生しやすい

頭皮は他の皮膚よりも加齢臭が発生しやすい

しかし、年を重ね40歳くらいになると、ホルモンの分泌量は一気に減少していきます。そのことで、皮脂腺から分泌される脂肪酸の酸化を抑えることができなくなるのです。

そして、酸化した脂肪酸がノネナールとなって加齢臭が発生するということです。とくに頭皮は他の皮膚よりも多くの皮脂腺があります。

それだけ分泌される脂肪酸も多く、酸化しやすいということです。
さらに髪の毛やフケでニオイを発散させてしまうので自分も周囲の人も気付きやすいのです。

気になる頭皮の加齢臭を対策するためには?

気になる頭皮の加齢臭を対策するためには?

このような悩みも、皮脂腺からの脂肪酸を抑えることで解消しますが肌にとって脂肪酸は、皮膚を守る役割も果たしています。

完全に排除してしまうと頭皮も乾燥し、フケが出やすくなり逆効果となります。
しかし分泌された脂肪酸の酸化を抑えればノネナールの発生を防ぐことができます。

具体的には、有酸素運動を取り入れると、脂肪酸の酸化は抑えられると言われています。また、抗酸化作用のある栄養が凝縮されたサプリを利用することも、有効な手段です。

さらに、加齢臭対策用のシャンプーを使うことで余分な皮脂を洗い流し脂肪酸の酸化を抑えると効果的です。

脂肪酸の分泌量を少なくするために、動物性の脂肪の摂取を減らすなど食生活の見直しも重要なポイントとなります。

 

耳の後ろから発生する加齢臭の臭いの原因と対策とは

耳の後ろから発生する加齢臭の臭いの原因と対策とは

年を重ねると加齢臭が出てきます。家族や会社の女性社員から嫌がられてしまったり、ショックを受ける原因にもなってしまいます。そのため加齢臭原因を知り、できる限りの対策をしていくことが大切なのです。

加齢臭は実は身体のさまざまな部位から臭いを発生させるものです。

口臭や脇の下、足の裏などが代表的で分かりやすい部位です。しかし実は耳の後ろからも加齢臭は発生します。

その理由は、耳の後ろにも臭いのもとになる汗をかくアポクリン汗腺が、集中しているからです。

では、加齢臭はどのようにして発生するようになるのでしょうか。

その最たる原因は、活性酸素と過酸化脂肪酸にあります。活性酸素は、主に生活習慣の乱れから発生しやすくなっています。

生活習慣の改善、加齢臭対策用の石鹸などが効果的

生活習慣の改善、加齢臭対策用の石鹸などが効果的

例えばタバコを吸うことで、食物などから摂取した抗酸化作用の物質を台無しにしてしまいます。ストレスからも活性酸素は多く生まれてしまうのです。さらにストレスは、過酸化脂肪酸をも生んでしまいます。

このとこから、ストレスを上手に解消することを取り入れることが大事なのです。

また生活習慣と言えば、食生活の見直しを忘れることはできません。動物性の脂肪を含む食事をたくさん摂取していると、臭いが強くなってしまいます。

加齢臭だけではなく、わきがや普段の汗からの体臭などの臭いもきつくしてしまいます。動物性の脂肪を控えて、植物性の脂肪もバランスを良く採りましょう。

さらに食物繊維が豊富な野菜を多く摂取することが好ましいのです。特に良いのは、和食中心の食事となります。

このように、生活習慣を見直すことはとても重要になります。それに併せて、毛穴に詰まった過酸化脂肪酸をよく洗い流し、清潔に保つことが臭いの対策になります。
加齢臭対策用の石鹸や、ミョウバン水を使用することも効果的でしょう。

 

加齢臭と口臭の原因と臭い対策について

加齢臭と口臭の原因と臭い対策について

人間は誰しも、40歳を過ぎたあたりから加齢臭が発生しやすくなります。それは、老化が原因となっているのです。

直接の原因は、ノネナールという芳香物質が発生することにあります。毛穴にある皮脂腺から分泌される脂肪酸が、酸化をすることでノネナールは発生します。

若いときに加齢臭がしないのは、ホルモンが脂肪酸を酸化させる働きを抑制するためです。40歳を超えたあたりからこのホルモンの分泌量は一気に減少してしまいます。そのため、40歳を超えると加齢臭がはじまることが多いのです。

加齢臭が発生する場所は、主に頭皮や脇の下、耳の後ろ、足の裏のなどです。このような場所には、臭いのもとになる汗をかく、アポクリン汗腺が集中しているからです。ところが、このような汗腺が集中している場所以外でも、加齢によって臭いが強くなる部分があります。

それが口の中です。
年齢を重ねていくと口臭もきつくなっていくことがあります。

加齢臭とともに気になる口臭の対策の仕方とは

加齢臭とともに気になる口臭の対策の仕方とは

実は厳密に言うと口臭は、加齢臭とは別のものになります。口臭は皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化することで発生する、ノネナールが原因ではないからです。

口臭原因として多いのは、加齢による唾液の分泌量の低下です。年を重ねていくと、老化現象のひとつとして、身体全体が乾燥していきます。

乾燥するのは肌や皮膚などの見える部分だけではなく、血液や骨、関節などにも影響が出てきます。そして、唾液も少なくなり、口の中が乾燥していくのです。

口の中が乾燥すると、口内の歯周病菌や虫歯菌、汚れなどが洗浄殺菌されないため、これらが口臭原因となるのです。
このような原因に対する対策は、唾液の分泌量を増やすことが一番となります。

具体的には、こまめな水分補給で口の中を潤したり、食事の際に良く噛むことで、唾液の分泌を促します。ガムを噛むことも唾液を分泌を促進させます。

ストレスは身体の機能を低下させ、唾液の分泌も減少してしまうためストレスをためないことも重要です。

 

ワキガと違う脇(ワキ)からの加齢臭の臭いの原因と対策とは

ワキガと違う脇(ワキ)からの加齢臭の臭いの原因と対策とは

突然脇(ワキ)から強い臭いが感じられ、ワキガになってしまったと思う人もいるかもしれません。しかし、もしかしたらそれはワキガではなくて加齢臭かもしれません。

ワキガの場合は、思春期にあたる9~15歳あたりに発症することが多くあります。それは、この時期がちょうど第二性徴にあたり、身体が子どもから大人に成長していく過程の中で脇の下にある汗をかくアポクリン汗腺が発達するためです。

もしもワキガになる体質を持っているならば、このときに発症する可能性が高いからです。特に女性は生理などの身体の特徴からホルモンバランスが大きく変わりやます。

それに伴いワキガを発症するケースはあります。
しかし、ある程度の年齢になってから急にワキガを発症することは少ないのです。

中年以降に急に脇(ワキ)臭いがきつく感じられたのであれば、それは加齢臭である可能性が高くなります。
ワキガであれば根本的な治療として、手術でアポクリン汗腺を取り除くことが主になります。

 

脇の加齢臭対策は生活習慣の改善と専用石鹸で清潔に保つこと

脇の加齢臭対策は生活習慣の改善と専用石鹸で清潔に保つこと

加齢臭の場合はワキガと違う原因があるため、手術ではなく日常の生活の中で抑えていくことが可能です。特に原因としてあげられるのは、生活習慣の乱れによる活性酸素の発生と、過酸化脂肪酸によるものです。

活性酸素は、タバコを習慣的に吸うことで、抗酸化物質を台無しにしてしまうため、発生量を増やしてしまいます。
また、ストレスも活性酸素を増やすだけではなく、過酸化脂肪酸も多くしてしまうのです。

さらに生活習慣では、食事の栄養バランスがとても重要になります。
動物性の脂肪を多く摂取している場合、加齢臭の臭いを強めてしまいます

これはワキガの臭いなども同じで、体臭をきつくしてしまうのです。
そのことから、食物繊維を良く摂取し、バランス良く食事をすることが大切となります。

臭いへの直接的な対策として、体臭専用の石鹸で良く洗うことや、ミョウバン水を利用することで臭いを抑える効果が期待できます。

 

加齢臭による足の臭いの原因と対策について

加齢臭による足の臭いの原因と対策について

汗を良くかく季節は特に、足の臭いが気になってしまいます。蒸れた靴の中で臭いは増殖し、脱いだ後の靴下は他の洗濯物と一緒に洗うのも抵抗感があります。

ただでさえ臭いが気になる足ですが、そこに加齢臭が加わったらさらに臭いは深刻になります。
会社帰りに飲みに行くことになり、お座敷になった場合はお酒を楽しむどころではなくなってしまうのではないでしょうか。

日ごろから加齢臭の原因を知り、対策をしておくことが大切となります。加齢臭原因となることは、いくつかあります。

 

足の加齢臭の原因とは?

足の加齢臭の原因とは?

ひとつには、生活習慣による体内の活性酸素の発生です。多少食品などから抗酸化物質を摂取したとしても、タバコを吸うことでそれは台無しになってしまいます。

また、中性脂肪が多い場合は、さらに危険性が増します。タバコはさまざまな病気を引き起こしてしまうもとにもなりますので、控えるようにしましょう。

そして、ストレスも活性酸素が増えると同時に、過酸化脂肪酸を増加させます。このことで、普段よりも加齢臭が強くなってしまうのです。

そしてその臭いが新たなストレスを生むという悪循環にもなってしまいます。
上手にストレスを発散して、臭いのことをあまり気にしないようにすることが大事なのです。

 

生活習慣でも足の加齢臭は防げる

生活習慣でも足の加齢臭は防げる

生活習慣では、食生活を見直すことも大切です。動物性脂肪を多く摂取している場合、臭いを強くしてしまうもとになります。

おすすめなのはヘルシーな和食中心の食事となります。

また足の裏の加齢臭の場合、毛穴に詰まった過酸化脂肪酸が原因となっていることが多いです。

加齢臭をはじめ体臭全般に効果のある石鹸を利用して、毎日清潔な状態に保つことが不可欠です。さらにミョウバンも臭い対策には役立ちます。

ミョウバンには制汗作用があり、臭いを含む汗を抑制する作用があると言われています。

加齢臭対策石鹸の総合ランキングはコチラ<<

>>加齢臭対策に効果的なアイテムの総合ランキングはコチラから!<<

 

-部分別の対策方法

Copyright© 加齢臭対策研究所|加齢臭対策の石鹸で一番効果の高かったものは! , 2019 All Rights Reserved.