MENU

加齢臭と口臭の原因と臭い対策について

人間は誰しも、40歳を過ぎたあたりから加齢臭が発生しやすくなります。
それは、老化が原因となっているのです。

 

直接の原因は、ノネナールという芳香物質が発生することにあります。
毛穴にある皮脂腺から分泌される脂肪酸が、酸化をすることでノネナールは発生します。

 

若いときに加齢臭がしないのは、ホルモンが脂肪酸を酸化させる働きを抑制するためです。
40歳を超えたあたりからこのホルモンの分泌量は一気に減少してしまいます。

 

そのため、40歳を超えると加齢臭がはじまることが多いのです。
加齢臭が発生する場所は、主に頭皮や脇の下、耳の後ろ、足の裏のなどです。

 

このような場所には、臭いのもとになる汗をかく、アポクリン汗腺が集中しているからです。
ところが、このような汗腺が集中している場所以外でも、加齢によって臭いが強くなる部分があります。

 

それが口の中です。
年齢を重ねていくと口臭もきつくなっていくことがあります。

 

加齢臭とともに気になる口臭の対策の仕方とは

実は厳密に言うと口臭は、加齢臭とは別のものになります。
口臭は皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化することで発生する、ノネナールが原因ではないからです。

 

口臭原因として多いのは、加齢による唾液の分泌量の低下です。
年を重ねていくと、老化現象のひとつとして、身体全体が乾燥していきます。

 

乾燥するのは肌や皮膚などの見える部分だけではなく、血液や骨、関節などにも影響が出てきます。
そして、唾液も少なくなり、口の中が乾燥していくのです。

 

口の中が乾燥すると、口内の歯周病菌や虫歯菌、汚れなどが洗浄殺菌されないため、これらが口臭原因となるのです。
このような原因に対する対策は、唾液の分泌量を増やすことが一番となります。

 

具体的には、こまめな水分補給で口の中を潤したり、食事の際に良く噛むことで、唾液の分泌を促します。
ガムを噛むことも唾液を分泌を促進させます。

 

ストレスは身体の機能を低下させ、唾液の分泌も減少してしまうためストレスをためないことも重要です。

 

 

加齢臭対策石鹸

>>加齢臭対策に効果的なアイテムの総合ランキングはコチラから!<<

 

【加齢臭の原因】の関連記事

年を重ねると加齢臭が出てきます。家族や会社の女性社員から嫌がられてしまったり、ショックを受ける原因にもなってしまいます。そのため加齢臭の原因を知り、できる限りの対策をしていくことが大切なのです。加齢臭は実は身体のさまざまな部位から臭いを発生させるものです。口臭や脇の下、足の裏などが代表的で分かりやす...

人間は誰しも、40歳を過ぎたあたりから加齢臭が発生しやすくなります。それは、老化が原因となっているのです。直接の原因は、ノネナールという芳香物質が発生することにあります。毛穴にある皮脂腺から分泌される脂肪酸が、酸化をすることでノネナールは発生します。若いときに加齢臭がしないのは、ホルモンが脂肪酸を酸...

突然脇(ワキ)から強い臭いが感じられ、ワキガになってしまったと思う人もいるかもしれません。しかし、もしかしたらそれはワキガではなくて加齢臭かもしれません。ワキガの場合は、思春期にあたる9~15歳あたりに発症することが多くあります。それは、この時期がちょうど第二性徴にあたり、身体が子どもから大人に成長...

汗を良くかく季節は特に、足の臭いが気になってしまいます。蒸れた靴の中で臭いは増殖し、脱いだ後の靴下は他の洗濯物と一緒に洗うのも抵抗感があります。ただでさえ臭いが気になる足ですが、そこに加齢臭が加わったらさらに臭いは深刻になります。会社帰りに飲みに行くことになり、お座敷になった場合はお酒を楽しむどころ...