MENU

加齢臭による頭皮の臭いの原因と対策について

40代を迎える頃になると、それまでは感じなかった身体の臭いが発生し出すことがあります。
その臭いは、加齢臭であることがほとんどです。

 

それまで嗅いだことのない自分の臭いであれば、加齢臭でほぼ間違いがないでしょう。
加齢臭は、おおよそ40歳を迎えた後に突然はじまることが多くなります。

 

その原因は、ノネナールという芳香成分です。
主に臭いが発生する部位は、脇の下や足の裏、口などになりますが、頭皮からも発生することがあります。

 

加齢臭が気になり始めるとき、頭皮や使用している枕、衣服の襟部分で気付く人が多いようです。
それは、これらの部位に臭いを発生するもとになる汗をかく、アポクリン汗腺が集中している場所だからです。

 

ノネナールは、油臭くて青臭い臭いがする不飽和アルデヒドの一種です。
毛穴にある皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化することにより発生するのです。

 

若い人でももちろん皮脂腺から脂肪酸は分泌されています。
しかし、若いうちはホルモンの分泌も活発に行われており、このホルモンの働きなよって脂肪酸が酸化することを抑えているのです。

 

頭皮は他の皮膚よりも加齢臭が発生しやすい

しかし、年を重ね40歳くらいになると、ホルモンの分泌量は一気に減少していきます。
そのことで、皮脂腺から分泌される脂肪酸の酸化を抑えることができなくなるのです。

 

そして、酸化した脂肪酸がノネナールとなって加齢臭が発生するということです。
とくに頭皮は他の皮膚よりも多くの皮脂腺があります。

 

それだけ分泌される脂肪酸も多く、酸化しやすいということです。
さらに髪の毛やフケでニオイを発散させてしまうので自分も周囲の人も気付きやすいのです。

 

気になる頭皮の加齢臭を対策するためには?

このような悩みも、皮脂腺からの脂肪酸を抑えることで解消しますが
肌にとって脂肪酸は、皮膚を守る役割も果たしています。

 

完全に排除してしまうと頭皮も乾燥し、フケが出やすくなり逆効果となります。
しかし分泌された脂肪酸の酸化を抑えればノネナールの発生を防ぐことができます。

 

具体的には、有酸素運動を取り入れると、脂肪酸の酸化は抑えられると言われています。
また、抗酸化作用のある栄養が凝縮されたサプリを利用することも、有効な手段です。

 

さらに、加齢臭対策用のシャンプーを使うことで余分な皮脂を洗い流し
脂肪酸の酸化を抑えると効果的です。

 

脂肪酸の分泌量を少なくするために、動物性の脂肪の摂取を減らすなど食生活の見直しも重要なポイントとなります。

 

 

加齢臭対策石鹸

>>加齢臭対策に効果的なアイテムの総合ランキングはコチラから!<<

 

【加齢臭の原因】の関連記事

年を重ねると加齢臭が出てきます。家族や会社の女性社員から嫌がられてしまったり、ショックを受ける原因にもなってしまいます。そのため加齢臭の原因を知り、できる限りの対策をしていくことが大切なのです。加齢臭は実は身体のさまざまな部位から臭いを発生させるものです。口臭や脇の下、足の裏などが代表的で分かりやす...

人間は誰しも、40歳を過ぎたあたりから加齢臭が発生しやすくなります。それは、老化が原因となっているのです。直接の原因は、ノネナールという芳香物質が発生することにあります。毛穴にある皮脂腺から分泌される脂肪酸が、酸化をすることでノネナールは発生します。若いときに加齢臭がしないのは、ホルモンが脂肪酸を酸...

突然脇(ワキ)から強い臭いが感じられ、ワキガになってしまったと思う人もいるかもしれません。しかし、もしかしたらそれはワキガではなくて加齢臭かもしれません。ワキガの場合は、思春期にあたる9~15歳あたりに発症することが多くあります。それは、この時期がちょうど第二性徴にあたり、身体が子どもから大人に成長...

汗を良くかく季節は特に、足の臭いが気になってしまいます。蒸れた靴の中で臭いは増殖し、脱いだ後の靴下は他の洗濯物と一緒に洗うのも抵抗感があります。ただでさえ臭いが気になる足ですが、そこに加齢臭が加わったらさらに臭いは深刻になります。会社帰りに飲みに行くことになり、お座敷になった場合はお酒を楽しむどころ...